レッスンカリキュラムの特徴


それぞれが自分のペースでレッスンができる個別レッスンです。

あなたに合わせたレッスンプランの例

80代半ばで始めたT(女性)さんの場合

パソコンを触るのが初めてのTさん、まずはマウスの使い方、動かし方になれていただくところからスタート 

いろいろなゲームを使って、まずは楽しみながらまず慣れる事を目標にしました。


ただ、ゲームでは受け身ばかりになるので、ペイントを使ってもらって自由にお絵かきする事も、組み合わせました。


次に、キーボードの使い方、メモ帳を使ってローマ字入力の練習です。ローマ字入力が安定してきたところで、簡単な案内文の作成をWORDで練習。

 

ここまでは教材はあまり使わず、どうすれば楽しみながらパソコンに馴染んでいける様に、そして「できた!」の達成感を得られる様に、スタッフがたくさんコミュニケーションを取りながら毎回のレッスン内容を検討してフォローをしました。


今はワードは一旦一休みして、年賀状用の住所録を作成中

初めてのパソコンで年賀状を作れる事を嬉しくてワクワクしていらっしゃいます。 

社内での職種が変ったA(女性)さんの場合

仕事をこなしながら都度必要な事を覚えExcelは使って来ていたAさん、新しい職務ではデータからの現状分析やレポートにまとめての報告が必要になりました。

 

ワンランク上のExcel活用方法が必要となり、一度基礎からしっかりとExcelを勉強したいとのご相談があり。機能の網羅性の高い教材でレッスンを開始しました。

 

 

スキルの定着のため、たくさんの課題を組み合わせ、合間に仕事で聞く活用方法もスタッフから直接レクチャも行いました。

 

そうやってExcelのスキルアップが順調に進む中社内の報告の場でプレゼン資料作成の必要が出てきたために、Excelの後にビジネス用のPowerPointのレッスンに入っていただけました。

 

今は学ぶことが楽しくなってWORDもイチから勉強しなおしされています。

教室に通いたいけどY(男性)さんの場合

パソコンが習いたいけど、ご事情があって教室まで通えないYさん

 

パソコンは全く使えないわけではなく、我流でかなり使いこなされている。

 

ただ

電子メールの活用方法や

マイクロソフトアカウントの設定、

Excelの活用方法、

写真の編集など、

 

ポインで知りたい事が時々出てくる、一度は教室まで苦労して体験レッスンにお越しになられたのですが、定期的に通うのは、無理との事で不定期レッスンサービスをご提案、いまは必要に応じてお宅にお邪魔しています。

スマイル・カフェ 

店長 西尾茂和

 

一般社団法人

日本こどもプログラミング協会 代表副理事

 

ICTCA認定 スマートパッドマスター

 

認知症予防ファシリテーター2級