RPA(Robotic Process Automation)

パソコンによる事務作業の効率化のために作られたソフトウエアRPA

日々ルーティンワークとして行っているパソコンを使った単純な繰返しの事務作業

この動きをパターン化し記憶させたデジタルレイバーが処理させ人手不足を解消し、

人はより高度な「思考を巡らし、判断が必要とする非定型な業務」に注力し業務の効率化を図ります。


小規模事業者でも導入できるRPA導入のお手伝いを行っています。

MICHIRU-RPA 

 

合同会社DeQitAは  株式会社MICHIRU(https://michiru.co.jp/) のデスクトップ型RPA製品 MICHIRU-RPAの取り扱いを始めました。

ソフトの販売、RPA導入のトップ型RPA製品 MICHIRU-RPAの取り扱いを始めました。ソフトの販売、RPA導入の前の業務分析、導入支援、アフターフォローをワンストップで対応します。

また、当社ではRPAを効果的に導入するための事前対応として小さな業務をパソコンを活用し、またインターネットで提供されているクラウドサービスを活用するなど、デジタル化したうえで、RPAを導入する、ITサポートを組み合わせてRPAを小さな会社でも無理なく段階的に導入できるサービスをセットで提供しています。

お問い合わせははGC DeQitA まで(info@deqita.com)

RPAライセンス付き/MICHIRUブートキャンプ

本セミナーではMICHIRU RPAの基本操作から実際の業務に近い例題に沿った操作セットの作成まで、ハンズオン形式にてトレーニングを行います。受講いただくことで、基本的な考え方から実際の操作セットの作成方法までRPAについての実践的なスキルを身につけていただけます。

主催:合同会社DeQitA(デキタ)
共催:株式会社元氣玉

小さな会社にはデスクトップRPAがおすすめ! RPAとは(動画)


RPAデモンストレーション


特定のフォルダに蓄積した申込文書からExcelへの転記

ファイル共有やメールで送付された申込文書を蓄積したフォルダを開け、Word文書を順に開き、中身をExcelの一覧表へ転記する。単純な繰返し作業。メールで添付として届いたものを特定フォルダに蓄積する作業の自動化と合わせれば効果は倍増

受付処理の多い業務では有効な自動化作業

ホームページからの転記作業

HPへアクセスして小学校の学年ごとの人数をExcelに転記する作業、この動画では

ある市内の学校数のページを開き、「小学校名」「学年」と「人数」の欄のを小学校数×6学年のコピー&貼り付け作業繰り返す

10校の場合でも10ページの切り替えと120回のコピペの作業を自動化

(エクセルの便利な機能を使えはもっと省略は可能)

様々なソフトの特徴を知る事でさらなる効率化は可能です。


操作録画モードで楽々自動化タスクを作成

ファイル共有やメールで送付された申込文書を蓄積したフォルダを開け、Word文書を順に開き、中身をExcelの一覧表へ転記する。単純な繰返し作業。メールで添付として届いたものを特定フォルダに蓄積する作業の自動化と合わせれば効果は倍増

受付処理の多い業務では有効な自動化作業