Excelで表示形式を使えばとても便利【1】

Excelの表で分かりやすいようにと

金額(単価)をわざわざ 「一人あたり1,000円」とそのまま入力すると

「文字列」の扱いになって、計算に使えません。

かといって、別のセルに計算様に単価金額を入れておくと

2重管理になって文書の修正漏れの原因になります。

関数を使って、問題を解決する方法もありますが

こんな時に、表示形式を使うと便利です。

表示形式とは数字をカンマ区切りや¥マーク付きで表示するために使う

機能です。

 

上記のエクセルで、「1人あたり1,000円」と表示しているところには

実際には1000としか入力していません。

このセルの書式設定→表示形式の分類「ユーザ定義」でオリジナルの

表示形式を作ります。

1人あたり#,##0円と入れます。

すると 「1000」と入力するとセルの表示が「1人あたり1,000円」

になります。

 

同じ様に

10人となっている部分も ユーザ定義の表示形式で「0人」としています。

この表示形式の#や0は数値を表します。(詳しくは割愛します)

 

これを応用すると、

名前を入力したり、他の表から「リンク貼り付け」で

複写したものに、自動的に「様」が付くようにする。という事も

表示形式を「@様」と設定します。

「山田太郎」と入力「山田太郎様」と表示

 

Excel のセルの表示形式で [ユーザー定義] に使用できる書式記号について

スマイル・カフェ 

店長 西尾茂和

 

一般社団法人

日本こどもプログラミング協会 代表副理事

 

ICTCA認定 スマートパッドマスター

 

認知症予防ファシリテーター2級