キッズパソコンコース

小学1年生~高校生まで、理解度と興味!こどもに合わせたペースで進めます。

キッズパソコンは 小学校1年生から高校生までお子さんに合わせて進めます。


低学年のレッスン内容に

小学校1,2年生は

 

小学校1,2年生はマウスの操作をゲームやお絵描きで覚えることを中心に、まずは楽しいと思うこと、パソコンにマウスにキーボードになれることが目標です。

 

3年生

 

3年生くらいからはローマ字入力やタイピングを中心にして

ある程度習得できれば、日本語入力やWORDを本格的に練習し始めます。

タッチタイピングの本格的な練習もはじめ

毎日パソコン入力コンクールにも挑戦します。

自分で日々成長するのを感じられるので、子どもたちにも保護者様にも人気です。

 

※当教室では毎日パソコン入力コンクールの受験ができます。


 

小学校高学年はWORD,EXCEL,POWERPOINTを横断的に


 

小学校高学年にかけてはWORD,EXCEL,POWERPOINTを横断的に学びます。

夏の自由研究で

EXCELでデータまとめ、POWERPOINTで発表をする事をイメージした内容ですすめます。

 

また、POWERPOINTではスライドショーやアニメーションなどを使って動画の作成も経験します。

 

 

いろいろと盛りだくさんですが

始める時期や、本人の習熟度や始めた時期にもよります。

進み方はそれぞれに合わせて進んで行きます。

 

中学生以上はより実践的に!

 中学生以上のお子さんも、それぞれの習熟度に合わせて、中上級の使い方をベースにして

希望者にはP検(ICTプロフィシエンシー試験)などの資格試験にも挑戦してもらっています。

 

 

 

この試験は幅広くICTについの知識や技量が問われます。

中学校で学ぶ「情報」の内容に重なる部分や文章作成の実技もあります。

当教室からもまだまだ少ないですが合格者もでています。

 

 

 学校の授業や受験にもつながる実践的な内容です。

パソコンレッスンとプログラミングレッスンを両方受講するとメリットがあります。

プログラミングだけでは、文書作成や表計算はまなべない


こども向けのプログラミングは考える力や想像力、試行錯誤する粘り強さは身に付きますが、パソコン操作をなるとほとんどがマウス操作がほとんどです。タイピングを正確に早く、文書作成したり、プレゼンテーションをつくることを学べるキッズパソコンと両輪でICT全体の利活用の能力が上がります。

 

パソコンへの苦手意識どころか、得意になり自信満々になります。

 

中学以上では授業で文書作成の授業があります、この時に初めて挑戦して苦手持ってしまったというお話も聞きます。そして大学生や社会人になってから学びに来る方もいます。

パソコンやプログラミングの授業で教室でしっかり習っていると、小学校での授業で注目を浴びて、周りの子どもから一目置かれますし、頼られてうれしい気持ちでいっぱいになります。

そう、同じ学ぶなら早いに越したことはなく、パソコンが得意!という自分への自信は図れない素晴らしさです。

 

タイピング練習は早く始めたほうがいい!早く打てる

 

タイピングはいったん習得すると一生ものです、逆に我流で変なタイピングの癖がつき直すに苦労しますし、それでもある程度入力ができると、直す必要も感じないので、いつまでも治りません…体験談です。

 

早く正確にタイピングできるだけで、それは価値です。

これかなの世の中試験がパソコンをつかったもの変わっていきます。そんな場では音声入力もつかえませんのでやはりキーボードが使え早く入力ができることは大きな価値です。

 

オンラインでも授業も楽々!

新型コロナで一気に学習のオンライン化やオンラインを活用した在宅勤務が一気にすすみました。

この流れはとまりません、

オンラインの授業を十分に生かすには、パソコンを使いこなせることのメリットははかりしれません。

画面が隠れてしまって戻せない。

音が小さいから大きくしたい

チャットで先生に質問できない…

 

会社のお仕事でも、ちょっと困ったを隣の席の人の聞けない
得意先や会社のオンラインのミーティングに参加がうまくできない…

 

 

 

子どもの…

ロボットやプログラミングは思考力や発想力など内面を磨き、

パソコン操作の習熟は技術の面、外側を磨きます。


両方まなぶ価値は無限大です。

 

職業訓練という側面でみると少し違いますが、小学校、中学校れべるでは、そんな風に感じます。


ニコニコ笑顔で、目の前に人に思いやりを持つ

公式LINE(会員様以外向け)から、良いところを探して、褒めて、よりそい、勇気づけて、伸ばす子育てのヒントや「褒め言葉でコミュニケーション上手になる」メッセージを配信しております

当教室についての

お問い合わせは公式LINEから直接メッセージでも受付します。

または、こちらから申し込みください

 

会員様へは

会員用公式LINE」から、日々の情報を発信しております。

会員様で未登録の方は教室でお問お合わせください。

 

ーーー

無料体験レッスン お申し込みを受付しております。

火・水・金・土・日曜日に定期体験会開催!

子育て中のお母さんのパソコン・キッズ向けパソコン&プログラミング体験会


  • キッズパソコンコース ( 対象:小学1年生~ )
  • ちびっこロボ・プログラミングコース  ( 対象:小学1年生~ )
  • エジソンアカデミー ロボットプログラミングコース ( 対象:小学4年生~ )
  • Scratchで始めるゲームプログラミング( 対象:小学3年生~ )
  • お仕事で活用したい! 初心者お母さんのパソコン 


 
【定期体験会日程】

1・3週 土曜日 16:30~

2・4週 日曜日 13:30~

2・4週 火曜日 18:30~

毎週水曜日 14:00~

毎週金曜日 10:00~、14:00~、18:00~

   (先着順)1組または2組 限定

こちらからお申込みください。

キッズコース体験の詳しい内容はこちらでご確認ください

  

体験は先着順で1組限定です。ご兄弟やお友達と一緒の体験は可能です。

 

※同じコースをご希望の場合お二人で対応する場合もございます。

 

 


デキタ・ラボ 代表 西尾茂和

大阪府柏原市出身

藤井寺市在住

大阪工業大学卒業

 

ほめて、みとめ、よりそう、ねぎらう、勇気づける こどものパソコンとプログラミング教室と大人のパソコン教室を運営しています。

 

「ゲームが大好きな子」「パソコンに興味津々な子」

「いつもドキドキしている子」「落ち着きのない子」

「実験が大好きな子」「ブロックが大好きな子」

 

いろんなタイプのお子さんをしっかりと観察し、いいところや得意なところを見つけてを伸ばします。

小さな成功をたくさん経験し、社会で活躍できる自信を手に入れるように導けたらなと日々思っています。

 

 


私は、子どもの時はいつもビクビクして自信がない子、いわゆる「繊細さん」でした。

少し大きくなっても人の感情の波に触れると

頭が真っ白になるセンシティブンで本当に自己肯定感が低い子でした。

 

 

関係ない二人の、口喧嘩を見るだけもドキドキして

人が叱っれていのを聞くだけも、またドキドキそんな子でした。

 

だから、小学校のソフトボールチームで練習になると近くに来て

アドバイスと称してダメだしばかりする「近所のおっちゃん」が苦手でした。

その人が近寄ってくるだけで、ドキドキしてエラーしまくりです。

 

 

…多分今でもそうです。

ダメ出しをされると極端に落ち込んだりします。

感情が堂々巡りを始めます。

 

ーーー

そんな子供時代を経て、

20年間のIT企業での経験をもとに初心者のパソコン教室とこども向けにプログラミング教室を起業し運営した10年で、自信がなくて前に進めない子を見て、まるで自分の様だと感じました。

そんな子もしっかりとほめること、勇気づけることで小さな成功体験を重ね、どんどん育っていく姿もみました。

 

自己肯定感も高く、どんどんと自分で伸びて行くお子さんの

お母さんは明るく子どもの事を受け入れ、

いつも肯定的な言葉を投げかけている方が多いことに気づきました。

 

そして自宅でもいいところを探して、

しっかりほめてもらっているのだろうなぁと感じ

 

自分も

「キッズコーチング」や

「褒め言葉活用」も

学び教室での子どもや保護者のみなさまとのコミュニケーションに生かしています。

ーー

 

 

 

【略歴】

 

高校生の時、初めてパソコンに触れる、図書館でBASICのコマンドブックを借りて、初めてのプログラミングに挑戦、図柄を描いて動かす程度の簡単なものでしたが、夢中になりました。

大学卒業後、コンピュータプログラム開発会社に就職、その転職し後外資系ソフトウエアメーカー、国内の業務系ソフトウエアメーカーで開発会社で勤務

2012年パソコン教室スマイル・カフェ こどもプログラミング教室すまいる・キッズを設立

会社員時代の後半は、技術スタッフとして、自社製品のプレゼンテーションを行う機会が毎年100回程度あり、物事をわかりやすく伝える技術を実践で覚え自信につながりました。


2020年秋 生活習慣を見直して28キロの減量に成功。子どもと同じで小さな成功のステップを上りました。

――