子どもたちの経験はすべて糧になります。


こどもプログラミング教室 すまいる・キッズのとどちゃん(西尾)です。

 

 

いつも、お世話になりありがとうございます。

 

先週の土曜日

当教室の6名の子どもたちがチャレンジした

URC2022 シミュレーションロボット競技会
参加した子どもたち、それぞれにいろんなことを感じ

いろんなことを経験しました。

この経験は、積み重なっていつかきっと役に立つと思います。

今日はそんなURC(ユニバーサル・ロボティクス・チャレンジ)2022へ参加したこどもたちのお話です。

ーーー<PR>ー<PR>ー<PR>ー<PR>ーーーー



こどもプログラミング教室 すまいる・キッズでは

秋の新規入会生に向けた

1日体験レッスンを開講しております。

 

 お申込みは 072-959-2088(パソコン教室スマイル・カフェ 藤井寺本校)


 または、
 こちらからのWEBフォームでも受付しております。

 

↓↓↓

URC2022へチャレンジ!

改めまして

 

いつもありがとうございます。 すまいる・キッズのとどちゃんです。 早いもので9月になりもう一週間が過ぎましたね。 地元の藤井寺ではすこし早く2学期の始まりが早く、 すでに10日ほど経ちました。 当教室では、この夏休みに子どもたちが気軽に集まれるイベントを 集中的に行いました。 コロナの自宅待機で家族でお出かけが無くなったという話もききましたし 近場で、少し日常と違う環境があることに喜ばれました。 「藤井寺キッズまちゼミ」 「ロボット競技会 バトル・ビートル・バトル」 「ブロックキャッチャーリレー」 「デキタ・ラボ」 「URC2022練習会」 会員様、そうでない子ども、 低学年から高校生までたくさんのお子さんに参加していただきました。 しかもデキタラボは毎週のイベント、 まちゼミも2講座で全6回です。 夏休みは、子どもと共に一緒に汗をかいた感じですね。



当教室で共通の考え方!

 

 

これらのイベントの底辺ながれる共通の考えは

 

自分のことは自分でする。「自立」

お互いに仲間を助ける、教え合う。「共生」

 

 

普段のレッスンでは、一人で向かい合う時間が多いですし、

 

イベントなので、決まった内容に取り組む形から

 

自由に取り組んで、

コミュニケーションをとって、

仲間と助け合いながら、

共に楽しむ

 

 

こんな時間を積極的にとるようにしました。

 

ほんの数回のイベントでみんながそんな風に行動を変容はしてくれと

思ってはいません。

 

 

そんな風な「場」なのだと体感してくれて、

その中に身を置いて、楽しいと感じてくれて、

楽しいの和、少しずつ輪が広がって

くれたらいいなと思います。



こんな考えの元、URC2022ロボットシミュレーションへ参加しました。

 


URC2022ロボットシミュレーションへ向けて


 

9月3日は

URC(ユニバーサル・ロボティクス・チャレンジ)2022のシミュレーション・ロボット競技部門の国内予選でした。(https://urc21.org/)

 

 

この夏休みに行った、「URC2022練習会」9月3日の競技会に向けて、WEB上に公開された練習コースでシミュレーターのプログラミングに慣れる事と、参加する仲間同士での競技会のミッションとルールブック、コース図を見ながら情報交換をして、作戦を立てる。

 

そんな事が自然発生する様に教室を開放しました。

 

ーー

今回は、小学校高学年の6人が参加しました。

やってやろう!そんな積極的な子どもたちが大好きです。

 

 

この競技会は、WEB上に現れるコースを車で走ります。

 

 

この車をプログラムでコントロールし、

時間内に指定のミッションに挑戦し、点数を競うものです。

 

 

今回参加を決めたのは、

 

・普段は交流の少ない「Scratchプログラミング」と「ロボットプログラミングコース」のどちらの子どもも参加できること。

 

 

・その場での判断力や、判断するための素材としてのプランをいくつか立てながら、脳内シミュレーションが必要なことで答えのない中で、最善を求める思考力が付くと思ったからです。

 

 

練習はそれぞれが自宅でもやっていましたが、今回は4日ほど教室を開放し、みんなで集まれる時間をつくりました。目的は、今回の競技会に限った事ではなく参加者同志のコミュニケーションと、自然発生的にいろんな情報交換が始まらないかと思ったからです。

 

情報交換になっていたのかは不明ですが、仲良く和気あいあいと楽しんでいました 

 

ーー

競技会当日は競技開始して初めて競技コースに入れます。

 

練習の為の環境で気付いた事を元に、コースマップの情報から当日のイメージを膨らませる。

そんな事前準備は大切です。

 

 

それぞれどんな風に競技をすすめるのか、作戦をしっかり立てた方がいいよ、うまく行かないとき、時間が無くなったときとかに備えての、BプランとかCプラントとかもね、と声をかけました。

 

 

小さなトラブルや予想外の事は起こるから、いくつかの選択ができるように、複数プランを頭の中でシミュレーションをしてくれていたかな?

 

忙しい子どもたちですから、そんな余裕はあったのかは、不明です。

あまり聞くと、私が大切な子どもたちの時間の使い方を、結果として誘導してしまいますからね。

 

 

当日の行き当たりばったりで、うまく行くのも経験、うまく行かないのも経験

どっちでも、良いです。

準備しすぎて、思考が宇宙の果てまで言ってしまっている様に感じる事も経験

 

いい結果を手にして欲しいとも思います。成功体験として、

 

 

でも…

準備と競技を通して、何かを感じて欲しい、それだけです。

 

振り返った時に「いくつかプランを用意してイメージする事」という選択もあったなと

思い出してくれたらいいと思います。

 

 

 

さぁ当日です。

こちらも、一発勝負で使用するパソコンの不具合が出ないように、

ルーターのチェックや、

パソコンのOSアップデートが急に入らない様に確認するなど、

ドキドキしながら準備していました。

 

 

 

14時、子どもたちが集まってきます。

みんな緊張はしてない様子です。

 

15時

2時間の競技開始です。

一気に緊張が高まります。

 

 

頭の中でシミュレーションしてきた事をそのまま画面でプログラミングをする子

 

プランをしっかりとメモしたものを見ながら、プログラムを進める子

その姿を見て、いつも教材の設計図をしっかりと読み込んで入ます。

 

それぞれです。

 

途中でうまくゆかず、作戦をBプランやCプランへと変更しながら、進めている子もいます。

 

 

競技の最初はピンと張りつめていましたが、ミッションを少しずつクリアし

ゴールをした子どもが出始めると、徐々に空気がゆるみます。

 

 

競技時間が終わると、一気に弛緩して、いつもの様子にもどりました。

 

 

 

イメージ通りに進められた子。

こだわり過ぎて時間がかかってしまった子

 

2時間の競技時間が終わっても、ゴールを目指して、黙々と挑戦し続ける子

 

 

結果はそれぞれでした。

 

 

 

緊張が溶け、ホッとした顔は輝いていました。

 

やり切ったよね!

 

 

 

教室内での参加者の順位は分かっていますが、日本全国の国内で

参加者の順位はどうなっているでしょうか?

結果は今週金曜日、9 月 9 日に発表になります。

 

結果はともあれ、いい経験になったと思います。

 

ニコニコ笑顔で、目の前に人に思いやりを持つ

公式LINE(会員様以外向け)から、良いところを探して、褒めて、よりそい、勇気づけて、伸ばす子育てのヒントや「褒め言葉でコミュニケーション上手になる」メッセージを配信しております

当教室についての

お問い合わせは公式LINEから直接メッセージでも受付します。

または、こちらから申し込みください

 

会員様へは

会員用公式LINE」から、日々の情報を発信しております。

会員様で未登録の方は教室でお問お合わせください。

 

ーーー

無料体験レッスン お申し込みを受付しております。

火・水・金・土・日曜日に定期体験会開催!

初心者のむけパソコンレッスン/キッズ向けパソコン&プログラミング体験会


  • ゆっくりICTコース(対象:年長~)※新設コースです、今日のゴールを決めずにゆっくり進めます。のんびりさん向け
  • キッズパソコンコース ( 対象:小学2年生~ )
  • ちびっこロボ・プログラミングコース  ( 対象:年長~ )
  • エジソンアカデミー ロボットプログラミングコース ( 対象:小学4年生~ )
  • Scratchで始めるゲームプログラミング( 対象:小学2年生~ )
  • お仕事で活用したい! 初心者お母さんのパソコン レッスン


 
【定期体験会日程】

1・3週 土曜日 16:30~

2・4週 日曜日 13:30~

2・4週 火曜日 18:30~

毎週水曜日 14:00~

毎週金曜日 10:00~、14:00~、18:00~

   (先着順)1組または2組 限定

こちらからお申込みください。

キッズコース体験の詳しい内容はこちらでご確認ください

  

体験は先着順で1組限定です。ご兄弟やお友達と一緒の体験は可能です。

※柏原教室やイベント体験の場合は除きます。

 

※同じコースをご希望の場合お二人で対応する場合もございます。

 

 


デキタ・ラボ 代表 西尾茂和

大阪府柏原市出身

藤井寺市在住

大阪工業大学卒業

 

ほめて、みとめ、よりそう、ねぎらう、勇気づける こどものパソコンとプログラミング教室と大人のパソコン教室を運営しています。

 

「ゲームが大好きな子」「パソコンに興味津々な子」

「いつもドキドキしている子」「落ち着きのない子」

「実験が大好きな子」「ブロックが大好きな子」

 

いろんなタイプのお子さんをしっかりと観察し、いいところや得意なところを見つけてを伸ばします。

小さな成功をたくさん経験し、社会で活躍できる自信を手に入れるように導けたらなと日々思っています。

 

 


私は、子どもの時はいつもビクビクして自信がない子、いわゆる「繊細さん」でした。

少し大きくなっても人の感情の波に触れると

頭が真っ白になるセンシティブンで本当に自己肯定感が低い子でした。

 

 

関係ない二人の、口喧嘩を見るだけもドキドキして

人が叱っれていのを聞くだけも、またドキドキそんな子でした。

 

だから、小学校のソフトボールチームで練習になると近くに来て

アドバイスと称してダメだしばかりする「近所のおっちゃん」が苦手でした。

その人が近寄ってくるだけで、ドキドキしてエラーしまくりです。

 

 

…多分今でもそうです。

ダメ出しをされると極端に落ち込んだりします。

感情が堂々巡りを始めます。

 

ーーー

そんな子供時代を経て、

20年間のIT企業での経験をもとに初心者のパソコン教室とこども向けにプログラミング教室を起業し運営した10年で、自信がなくて前に進めない子を見て、まるで自分の様だと感じました。

そんな子もしっかりとほめること、勇気づけることで小さな成功体験を重ね、どんどん育っていく姿もみました。

 

自己肯定感も高く、どんどんと自分で伸びて行くお子さんの

お母さんは明るく子どもの事を受け入れ、

いつも肯定的な言葉を投げかけている方が多いことに気づきました。

 

そして自宅でもいいところを探して、

しっかりほめてもらっているのだろうなぁと感じ

 

自分も

「キッズコーチング」や

「褒め言葉活用」も

学び教室での子どもや保護者のみなさまとのコミュニケーションに生かしています。

ーー

 

 

 

【略歴】

 

高校生の時、初めてパソコンに触れる、図書館でBASICのコマンドブックを借りて、初めてのプログラミングに挑戦、図柄を描いて動かす程度の簡単なものでしたが、夢中になりました。

大学卒業後、コンピュータプログラム開発会社に就職、その転職し後外資系ソフトウエアメーカー、国内の業務系ソフトウエアメーカーで開発会社で勤務

2012年パソコン教室スマイル・カフェ こどもプログラミング教室すまいる・キッズを設立

会社員時代の後半は、技術スタッフとして、自社製品のプレゼンテーションを行う機会が毎年100回程度あり、物事をわかりやすく伝える技術を実践で覚え自信につながりました。


2020年秋 生活習慣を見直して28キロの減量に成功。子どもと同じで小さな成功のステップを上りました。

――