出来ていることに注目する。

こどもプログラミング教室 すまいる・キッズのとどちゃんです。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


毎朝の散歩

空気も冷たくなって、

気持ちいいですね。
今朝も散歩して朝日を浴びて、「幸せホルモン」セロトニン充填しました。

最近、人から紹介された
原田綾子さんの

マンガでやさしくわかるアドラー式子育て
という本を読みました。

 

「マンガで学ぶ」本って、大切な要点がまとまっていて、いいですよね。

本当に分かりやすかったです。

 

この本の最初の章「子どもの困った行動には『目的』がある」の中にこんな一説がありました。 

ーーー
「こどもの一日の行動を見ていると95%以上は適切な行動をしていると言われています。不適切な行動はあったとしても5%もないでしょう 【中略】 私たちはついつい欠けている方に目が向くもの。出来ていないことや欠点に注目しがちです。」
ーーー

 

アドレー心理学をベースにした言い回しなので

「適切な行動」・「不適切な行動」って
抽象的な言葉ですが、
「出来ている事」と「出来ていない事」と置き換えていいと思います。


ついつい、心配になって

「出来ていな事」に目がゆきがちで、口に出してしまいますが

そんなときも、ぐっと言葉を飲んで

「出来ている事に注目する」についてです。

 


出来ていることに注目する。出来ていなことに注目しない。




欠けた「リンゴ」とまん丸の「リンゴ」どちらに目がゆきますか?

 

多くの人が、欠けたほうに目が行くといいます。特にいろんな経験をした大人の場合多くの場合、顕著にそうなるそうです。

 

これは人間の本能や脳の特性でそうなるそうです。

 

なぜ?

昔むかしの人間は、ライオンなどの肉食獣の「捕食」の対象でした。

自分の身を守るため、身の回りに常に何かしら変化がないのかに神経を行き渡らせていたのです。


欠けているところに目が行くのは、

いつも違う何かに気づくことで、生き延びたのが現在の人類だからと言われています。
そんな、 身を守るために本能として

DNAにプログラミングされているといいます。

また、目に見えな「欠けたところ」を補おうとする「脳の特性」でも有ると言われています。

 

どちらにせよ、意識していないと

「 欠けたところ」、(=出来ていないところ)に注目してしまうのです。

 

こんなに沢山の当たり前に出来ていることがあるのに

ほんの 5%の出来ていない方へばかり、自然と目が行ってしまうのは人間としてプログラミングされたことなんです。

 

 ーーー

「出来ていることに注目しませんか?」

ほんの些細ことでいいのです。

・朝起きて自分で歯磨きしていた。

・お風呂に一人で入った。

・晩ごはんを美味しそうに食べた。

・学校であったことを話してくれた。


生まれたばかりの頃には、 出来ないことばかりなのに


たくさんの事が
できるように、なっていませんか?
思い出して数えてみてください。

着実に成長していますよね。

 

「早くしなさい」「○○しちゃだめ」という言葉を飲み込んで

今出来ている事、

目立たない当たり前にことに

注目してあげて、

言葉に出してあげてください。

これは、子どもにだけではなく、夫婦や身近な仲間に対しても同じです。

そして一番大切なのは


まずは、自分に対して」

 

出来ていることに「注目」してあげてください。
自分に優しくなることが
子どもや身近な人に優しくなる第一歩です。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    とどちゃん (水曜日, 19 10月 2022 15:49)

    最後に書いた
    自分に優しくなるのって「難しいですよね」

    こんな方法があります。

    毎日、自分のいいところを、3つ書き出してください。
    これをひと月繰り返してください。

    書き出す「いいところ」は
    同じことは書かないで、違うことを書いてください。

    ある経営塾で教えられた「自分褒めのワーク」です。
    結構効果ありますよ!

無料体験レッスンを開催してます

褒めて、認めて、勇気づけ、いいところを見つけて伸ばす。

キッズ向けの「パソコンとプログラミング」を学ぶ教室です。

そして、お子さんの明るい未来と希望に満ちた将来へのステップを、そっと見守り失敗しても自分で立ち上がる。そしてご自身もパソコンが使える事で職場で頼られ活躍できる。それが自信につながり子育てにも自分にも明るく元気に取り組める。そんなパソコン初心者のお母さん向けの「初心者みなさんのパソコン教室」です。

 
唯一無二の自分を受け入れ、自分はとても大切な存在なんだと感じ、お互いのいいところを見つけ、違いを尊重しお互いが自立して助け合い、勇気づけ、認め合える事を大切にしています。

 
子どものへ「パソコン」、「プログラミング」、「ロボット」の学びを通じて「できるかも?」「やってみよう!」「デキタ!」のステップを自分で進み、たくさんの小さな失敗を経験し自分で道を探すプロセスを経験します。

 

そして、仕事でパソコンを使いこなしたい、そんなパソコン初心者のお母さん世代の方向けの「短期速習」のWord/Excel/PowerPointのコースもあります。

 

体験は随時受付ています。

→ 申込はこちら(https://www.keep-on-smiling.jp/trial)へ

 

ニコニコ笑顔で、目の前の人に思いやりを持つ


当教室についての

お問い合わせは公式LINEから直接メッセージでも受付します。

無料体験はこちらから申し込みください

 

無料体験レッスンは随時開催しています。

初心者向けパソコンレッスン/キッズ向けパソコン&プログラミング体験会


 

  • キッズパソコンコース ( 対象:小学2年生~ )
  • ちびっこロボ・プログラミングコース【自考力キッズ】  ( 対象:年長~ )
  • ロボットプログラミングコース【エジソンアカデミー(EA) 】 ( 対象:小学3年生~ )
  • 基礎のゲームプログラミング【Scratchプログラミング】( 対象:小学2年生~ )
  • JavaScriptで学ぶ基礎のテキストプログラミング( 対象:小学6年生~ )
  • Robloxで学ぶ3Dプログラミングコース( 対象:小学3年生~ )
  • お仕事で活用したい! 初心者お母さんのパソコン レッスン

対象年齢は目安です。お子さん成長はそれぞれです、体験にお越しいただいた際に適性を見ます。

 

お子さんが目安の年齢を満たしてないので…

うちの子はじっとできないので、迷惑をかけちゃうかも

場所見知り、人見知りが激しくて…と

不安をお持ちの方もいるかと思います。

体験ではお子様おひとり限定で、そのお子さんのペースで実施します。安心して参加してください。(ご兄弟やお友だちの場合には一緒に実施します。)


まちぜみなどのイベントでの体験の場合は除きます。

※同じコースをご希望の場合お二人で対応する場合もございます。

  

 キッズコース体験の詳しい内容はこちらでご確認ください

  

 


デキタ・ラボ 代表 とどちゃん(西尾茂和)

こどもプログラミング教室 すまいる・キッズ

パソコン教室 スマイル・カフェ 

オーナー


大阪府柏原市出身

藤井寺市在住

大阪工業大学卒業

 

ほめて、みとめ、よりそう、ねぎらう、勇気づける こどものパソコンとプログラミング教室と大人のパソコン教室を運営しています。

 

「ゲームが大好きな子」「パソコンに興味津々な子」

「いつもドキドキしている子」「落ち着きのない子」

「実験が大好きな子」「ブロックが大好きな子」

 

いろんなタイプのお子さんをしっかりと観察し、いいところや得意なところを見つけてを伸ばします。

小さな成功をたくさん経験し、自分で考えて行動できる、社会で活躍できる自信を手に入れるように導けたらなと日々思っています。

  

私は子どもの時はいつもビクビクして自信がない子、いわゆる「繊細さん」でした。

少し大きくなっても周囲の人の「とんがった感情」の波に触れると頭が真っ白にってしまう程でした。
 

関係ない二人の、口喧嘩を見るだけもドキドキして

人が叱られていのを聞くだけも、またドキドキそんな子でした。

 

だから、小学校のソフトボールチームで練習になると近くに来て

アドバイスと称してダメだしばかりする「近所のおっちゃん」が本当に苦手でした。

その人が近寄ってくるだけで、ドキドキしてエラーしまくりです。

 

 

…多分今でもそうです。

ダメ出しをされると極端に落ち込んだりします。

思考が堂々巡りを始めます。(^o^)

 

ーーー

そんな子供時代を経て、

20年間のIT企業での経験をもとに初心者のパソコン教室とこども向けにプログラミング教室を起業し運営した10年で、自信がなくて前に進めない子を見て、まるで自分の様だと感じました。

そんな子もしっかりとほめること、勇気づけることで小さな成功体験を重ね、どんどん育っていく姿もみました。

 

そんな中で子どもたちを観察し、この子のいいところどこだろう、誰でも持っている天才性はどこにあるんだろうと観察しながら接していると、当たり前にそれぞれが全く違う考え方や性格をもっています。数100人の子どもたちと接する中で、そんな当たり前の事に改めて気づきました。

 

自己肯定感も高く、どんどんと自分で伸びて行くお子さんのお母さんは明るく子どもの事を受け入れ、いつも肯定的な言葉を投げかけている方が多いことに気づきました。

 

そして自宅でもいいところを探して、しっかりほめてもらっているのだろうなぁと感じました。

ーー
2023年 2回目の脳梗塞を発症し、1週間の入院するも復活、全く後遺症もなく健康体に。健康管理に細心の気を使うようになり、高かった血圧も尿酸値も正常になりかえって健康になった。

 おかげ様で健康で復活できたことは、健康に気を付け子どもの明るい未来をつくるお仕事がまだまだあるよという天からの「メッセージ」と受け止め、全力で子どもたちの明るい未来を創造すること注力することと、こころに刻みました。

 

 ー

【ミッション】
自分の事が大好きで、お互いの違いを認め尊重し、互いのいいところを見つけて助け合う。そんな子どもの成長を全力でサポートする。


【ビジョン】

子どもたちがお互いの特徴を活かしお互いの得意を掛け合わせて創造する平和で明るい未来

 

【アクションルール(バリュー)】

認める、寄り添う、応援しあう、勇気づける

たくさんの「やってみよう」とたくさんの「デキタ」
自立し主体的に考え学ぶ。

目の前の人を大切に思う

子どもたちがお互いの特徴を活かしお互いの得意を掛け合わせて創造する平和で明るい未来

 

 

 

【略歴】

 

高校生の時、初めてパソコンに触れる機会があり図書館でBASICのコマンドブックを借りて初めてのプログラミングに挑戦する。図柄を描いて動かす程度の簡単なものでしたが夢中になりプログラミングの楽しさを知る。

大学卒業後、コンピュータプログラムを開発する会社に就職しプログラマーデビュー、百貨店や流通業、大手家電メーカーのシステム開発に携わる。その後転職し後外資系ソフトウエアメーカー、国内の業務系ソフトウエアメーカーで勤務


30代以降は技術スタッフとして、自社製品のプレゼンテーションを行う機会が毎年100回程度あり、ITの現場にいない方のお困りごとに沿って物事をわかりやすく伝える技術を実践で学び、伝える楽しさを感じました。

 

2012年パソコン教室スマイル・カフェ こどもプログラミング教室すまいる・キッズを設立


2020年秋 生活習慣を見直して103キロからのダイエットに成功。子どもと同じで小さなステップを少しずつ上りました。

少し、緩やかにリバウンドはしてますが、80キロ代をキープしています。

 

2023年脳梗塞で入院。おかげ様で幸い軽症で後遺症も全くなく、元気に復活。

 

――