2022年夏のイベント案内

 

ロボットプログラミング&ゲームプログラミング1Day 講座

※1回完結の講座です。会員以外のかたも参加できます。

 

【ロボットプログラミング講座】

紙飛行機発射台ロボをつくろう

  8月10日(水)13:30~ 

  8月14日(日)13:30~  

【Scratchプログラミング講座】

・シューティングゲームを作ろう17日(水)10:00~ 

 


各回 参加費用 3,500円 約90分 定員4人

 

※8月中にご入会の方は 3,500円はキャッシュバックします。

 

1Day講座のお申し込みはこちら

https://forms.gle/ikSxho8FqYps724w5

 


すまいる・キッズ 会員様向けイベント


ちびっこロボプログラミングコース(自考力キッズ)コース】

7月31日(日) ブロックキャッチャーリレー 9:30~

 

【エジソンアカデミーロボットプログラミングコースコース】

7月31日(日) バトル・ビートル・バトル 13:30~

 

【URC2022 小中学生のための国際ロボット競技会競技会】

URC2022  日本大会 9月3日 14:00~17:00

インターネット上の仮想環境でロボットを操作してゴールを目指すシミュレーション部門に参加します。

※8月中はシミュレーションの練習コースが公開されます。当教室ではそれに合わせて、教室の練習利用をできるようにいます。

当教室のURCへの取り組みはこちら

 

 


すべてのイベントの参加申し込みはこちらです

(一部を除き【会員さま限定コース】です。)


ちびっこロボプログラミングコース(自考力キッズ)コース


ブロック・キャッチャ・ーリレー


7月31日(日)9:30~11:30

対象者 同コース受講者

内容 ロボット作成、プログラミング、パズル、そしてパソコンを週替わりで学ぶ同コースのロボットの回で作る各種ロボットから「ブロックキャッチャー」を取り上げてゲームを行います。


設計図通りのみんなでロボットを作り、ゲームのルールを理解しレギュレーションの範囲でしっかり改造してもらいます。ゆるーくでも真剣に熱く、仲間を助けながら戦ってもらいます。

ブロックキャッチャリレーは点数と速さを競いますが、改造を楽しみむことを目的とした内容です。

いいアイデアを取り上げ、その過程を褒めます。


エジソンアカデミーロボットプログラミングコース

バトル・ビートル・バトル

7月31日(日)13:30~17:30

対象者 同コース受講者およびエキスパートコース卒業生

 

【内容】 

昨年も開催しました、4-2のビートルロボットで作成するロボットでバトルをします。


この回まで進んでいないお子さんには、サンプルプログラムを用意いたします。
(また、ロボットの作成には先輩にも手伝ってもらえます。ご安心ください)

先輩のみなさん、困っている後輩がいたら年齢や学年も関係なく手伝ってあげてください。


※昨年リーダーに任命された優勝大本命のYくんは、後輩のお世話を焼きすぎて予選敗退でした。

そんなYくんを閉会式で、しっかり褒めたたえました。

 

13:30~15:30が作成タイム、
15:30~17:30がバトルタイムです。

参加できる方は前日の9:30~11:30に開講します7月度のEAロボットコース教室開放日の時間からロボット作成に着手できます。

自宅での作成も可能!ただし競技ルールは当日発表です。

参加人数次第ですが、当日は熟達者と初心者を組み合わせたチームを作ることを想定しています。


昨年同様 審判や記録、呼び出し係などを子どもたちに役割分担から委ねます。

お子さん自身が、
保護者様自身が、
うちの子は大丈夫かな?
と不安になるかもしれません

でも、まぁ問題ありません。

このイベントのサブテーマは自立して運用と助け合いです。


昨年も、思わぬ個性を発揮して、このイベントで輝いていた
TくんとYくんが

その後目を見張る成長を遂げました。

参加すると、競い合いながらも、仲間と仲良くなる、楽しいイベントです。


競技の運営も最初の流れは説明しますが、
それ以降は年長者(中学生)のリーダーが中心に役割分担をして、それぞれができることで役に立てる用にします。
ロボットの作成もこまれば先輩が手伝ってくれます。
(そのように促します。)



コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    武藤悠太朗 (金曜日, 22 7月 2022 08:08)

    西尾先生、おはようございます。

    悠太朗にも夏期講習を受けさせたいと思いますが、本人が参加しやすそうなものはどれでしょうか?教室での様子がわかりません。ロボットは、あまり積極的ではないし、誰がと関わり合いながら進めるのも苦手かなと、躊躇してしまいます。

ニコニコ笑顔で、目の前に人に思いやりを持つ

公式LINE(会員様以外向け)から、良いところを探して、褒めて、よりそい、勇気づけて、伸ばす子育てのヒントや「褒め言葉でコミュニケーション上手になる」メッセージを配信しております

当教室についての

お問い合わせは公式LINEから直接メッセージでも受付します。

または、こちらから申し込みください

 

会員様へは

会員用公式LINE」から、日々の情報を発信しております。

会員様で未登録の方は教室でお問お合わせください。

 

ーーー

無料体験レッスン お申し込みを受付しております。

火・水・金・土・日曜日に定期体験会開催!

子育て中のお母さんのパソコン・キッズ向けパソコン&プログラミング体験会


  • キッズパソコンコース ( 対象:小学1年生~ )
  • ちびっこロボ・プログラミングコース  ( 対象:小学1年生~ )
  • エジソンアカデミー ロボットプログラミングコース ( 対象:小学4年生~ )
  • Scratchで始めるゲームプログラミング( 対象:小学3年生~ )
  • お仕事で活用したい! 初心者お母さんのパソコン 


 
【定期体験会日程】

1・3週 土曜日 16:30~

2・4週 日曜日 13:30~

2・4週 火曜日 18:30~

毎週水曜日 14:00~

毎週金曜日 10:00~、14:00~、18:00~

   (先着順)1組または2組 限定

こちらからお申込みください。

キッズコース体験の詳しい内容はこちらでご確認ください

  

体験は先着順で1組限定です。ご兄弟やお友達と一緒の体験は可能です。

 

※同じコースをご希望の場合お二人で対応する場合もございます。

 

 


デキタ・ラボ 代表 西尾茂和

大阪府柏原市出身

藤井寺市在住

大阪工業大学卒業

 

ほめて、みとめ、よりそう、ねぎらう、勇気づける こどものパソコンとプログラミング教室と大人のパソコン教室を運営しています。

 

「ゲームが大好きな子」「パソコンに興味津々な子」

「いつもドキドキしている子」「落ち着きのない子」

「実験が大好きな子」「ブロックが大好きな子」

 

いろんなタイプのお子さんをしっかりと観察し、いいところや得意なところを見つけてを伸ばします。

小さな成功をたくさん経験し、社会で活躍できる自信を手に入れるように導けたらなと日々思っています。

 

 


私は、子どもの時はいつもビクビクして自信がない子、いわゆる「繊細さん」でした。

少し大きくなっても人の感情の波に触れると

頭が真っ白になるセンシティブンで本当に自己肯定感が低い子でした。

 

 

関係ない二人の、口喧嘩を見るだけもドキドキして

人が叱っれていのを聞くだけも、またドキドキそんな子でした。

 

だから、小学校のソフトボールチームで練習になると近くに来て

アドバイスと称してダメだしばかりする「近所のおっちゃん」が苦手でした。

その人が近寄ってくるだけで、ドキドキしてエラーしまくりです。

 

 

…多分今でもそうです。

ダメ出しをされると極端に落ち込んだりします。

感情が堂々巡りを始めます。

 

ーーー

そんな子供時代を経て、

20年間のIT企業での経験をもとに初心者のパソコン教室とこども向けにプログラミング教室を起業し運営した10年で、自信がなくて前に進めない子を見て、まるで自分の様だと感じました。

そんな子もしっかりとほめること、勇気づけることで小さな成功体験を重ね、どんどん育っていく姿もみました。

 

自己肯定感も高く、どんどんと自分で伸びて行くお子さんの

お母さんは明るく子どもの事を受け入れ、

いつも肯定的な言葉を投げかけている方が多いことに気づきました。

 

そして自宅でもいいところを探して、

しっかりほめてもらっているのだろうなぁと感じ

 

自分も

「キッズコーチング」や

「褒め言葉活用」も

学び教室での子どもや保護者のみなさまとのコミュニケーションに生かしています。

ーー

 

 

 

【略歴】

 

高校生の時、初めてパソコンに触れる、図書館でBASICのコマンドブックを借りて、初めてのプログラミングに挑戦、図柄を描いて動かす程度の簡単なものでしたが、夢中になりました。

大学卒業後、コンピュータプログラム開発会社に就職、その転職し後外資系ソフトウエアメーカー、国内の業務系ソフトウエアメーカーで開発会社で勤務

2012年パソコン教室スマイル・カフェ こどもプログラミング教室すまいる・キッズを設立

会社員時代の後半は、技術スタッフとして、自社製品のプレゼンテーションを行う機会が毎年100回程度あり、物事をわかりやすく伝える技術を実践で覚え自信につながりました。


2020年秋 生活習慣を見直して28キロの減量に成功。子どもと同じで小さな成功のステップを上りました。

――